2020年6月トマトの「凛々子」が生育不良

2020年トマト



こんにちは、今日は去年(2020年)6月に起きた

「凛々子(りりこ)」の生育不良のお話をしたいと思います。


🍅 2020年6月10日

家庭菜園で育てている「凛々子」

写真の上から見た「凛々子」は綺麗な緑色のトマト。

育てているトマトの中で一番順調に

実も多く、大きくなって来たのに…

「凛々子」

朝、良く見ると生育不良で

「尻腐れ症」(しりぐされしょう)

下の写真の様にトマトの先端部分から

渇変、陥没し、腐ったように…

「尻腐れ症」になった「凛々子」

沢山実が出来ていたので

水も自動散水の他にもやっていたのですが…

2019年も育てたので、油断していたのだと思います。

見つけた時はとてもショックでした。



KAGOMEの「凛々子」の苗と一緒に送られて来た

「カゴメトマトの苗 育て方ガイドブック」を見ると

2020年ガイドブック

生育不良は、病気とは違い伝染しませんが

同じ時期に着果した実にはほぼ同じような症状が現れます。

もしも、これらの症状がでても、すぐに対応すれば収穫に影響はありません。



【尻腐れ症の原因】

 ・過湿、過乾によるカルシウム欠乏。

 ・特に、土の量が少ない鉢栽培の場合や、着果する時期の水やりの過不足など。



【対 策】

 ・発生した果実の回復は望めませんので、取り除いてください。

 ・カルシウムを含む追肥を行ない、その後の適正な水分・肥培管理により回復します。



早速、「尻腐れ症」の実を取り除きました。

思ったよりも数が多く…

大きい物は、赤く成れば収穫出来るサイズでした。

赤くなるのを楽しみにしていたので…

余計にショックでした。



「凛々子」の他に「尻腐れ症」は出ていませんが

「中玉トマト」「こあまちゃん」

「こあまちゃんオレンジ」にも追肥しました。

無事収穫出来ればと思っています。



2019年は「尻腐れ症」になつたトマトは、

数個だったので、油断していました。

反省です。


中玉以上のトマトを育てている方は、

実が大きくなってきたら、手鏡でトマトのお尻の部分を見て

「尻腐れ症」になっていないか? 

気を付けて下さいね。(*^-^*)

コメント