2020年1月のトマト栽培記録

2020年トマト


こんにちは、今日は2019年から育てている

「凛々子(りりこ)」の1月の栽培記録を紹介します。


🍅 1月7日

家庭菜園の「凛々子」を収穫しました。

今回収穫したのは、年末にやっと赤くなってきた2個と

トマトの茎が枯れてしまった、青いトマト3個です。

トマトの大きさをペンで比較

青いトマトは、少し赤みがでているので

赤くなるのを期待しつつ、日の当たる出窓の所に置きました。

なぜそうしたかと言うと

以前、トマトの葉の手入れをしていた時に

間違えて茎から青いトマトを切ってしまった事が有りました。


その時に、日にあたれば赤くなるのではと思い、

出窓の日のあたる所に、青いトマトを置いてみました。

日数は少し掛かりましたが、何もしなくても赤いトマトになったので、美味しく頂きました。

今回も赤くなって欲しいと思っています。



🍅 1月14日

去年から鈴なりに生っていた年越し「凛々子」が大分赤くなってきました。

夏の頃と比べると赤くなるまで、かなり日数がかかります。

最近は、暖かい日が続いていたので

青く見えるトマトも少し赤みを帯びて来ています。

普段は、ビニ-ル袋の簡易温室で育てています。

大きなビニ-ル袋の簡易温室

暖かい日中は、ビニ-ル袋を上にあげて

風を通し、太陽の光を浴びるようにしています。

夜と寒い日や風の強い日には

ビニ-ル袋を掛けた簡易温室の中です。


もう一株の方は、トマトの実が4個付いています。

上に有る2個は、オレンジ色までに育っています。

下に有る2個が、まだ小さいさく、育つか心配です。

高さは有りますが、ほとんどの葉も無くなり、この4個で最後になりそうです。



🍅 1月22日

1月7日に出窓に置いていた、青い「凛々子」が赤くなって来ました。

出窓に置いたままで、特別な事はしていません。

時々、向きを変えて、日が当たる様にしただけで赤くなって来ました。

トマトの生命力に驚きます。


家庭菜園の冬のトマトは、実が大きくなるのも赤くなるのも遅いです。

夏の頃を考えると、2倍位の期間がかかり、やっと収穫できます


トマトの生命力に接するとは健康にもいい

長生き出来る食べ物だと感じます。


春から育てた「凛々子(りりこ)」こんなに長く育てる事になるとは

自分でも驚いていますが、ますますトマト好きになりました。


読んで下さっている方で、もし買ってきたトマトがまだ青い時には

日のあたる窓際に置いて熟成させて下さいね。

(*^-^*)

コメント